ショコ・マントゥ / バトネ・フロマージュ / テュイル・オ・ザマンドゥ

■イル・プルーに入学しました


新しいことへの挑戦、ということで先日
本格的なフランス菓子を習うべく、「イル・プルー」の
フランス菓子本科第1クールへ途中入学しました!

イル・プルーのボスと呼ばれる弓田先生との出会いは
Les Desserts レストラン、ビストロ、カフェのデザート
というレシピ本。
ページをめくるたびにワクワクする、美しい本です。

教室の存在を知ったのが遅く、本当は来年度の入学を検討していたのですが
6月末までは途中入学を受け付けているとのことだったので
清水の舞台から飛び降りる気持ちで入学手続きをしました。


■ショコ・マントゥ


というわけで、授業でつくったものたち。

e0349627_23512889.jpg
こちら、ショコ・マントゥ。
英語でいうと「チョコ・ミント」。


[ 仕上げのココア ]
[ チョコムース  ]
[ ミントババロア ]
[ チョコムース  ]
[ ココアスポンジ ]

という構造のケーキです。


e0349627_23512011.jpg
これは、セルクルを外した直後の写真。
チョコムースの表面は分度器を使ってならしたのだけれど
割と綺麗に平らになったのではないかと思う。
先生はパレットナイフでササッとやられていました。さすがでした。


濃厚なチョコムースに、さわやかなミントババロアが
とても良いアクセントになっていて
口溶けも今まで食べたムースの中で最高に良くて
チョコレート系のお菓子が苦手なわたしもペロリとたいらげてしまったのでした。


■バトネ・フロマージュ

チーズのサクサクしたクッキー、パトネ・フロマージュ。

e0349627_23511179.jpg
濃厚なエダムチーズに、
結構な量の塩と胡椒が入っていて
ガツンとスパイシーなクッキーです。
お酒のおつまみに良さそう。


■テュイル・オ・ザマンドゥ


フランスの瓦せんべい、とは先生の談。

e0349627_23505354.jpg

市販のものとの決定的な差は、香り。
イル・プルーではオレンジのコンパウンドを入れるのだけれど
それが、アーモンドスライスと焦がしバターとの
絶妙な香りのバランスを生み出すのです。
パクパク食べられちゃうやつ。


■そんな感じで3品


朝10時から夕方17時にかけて仕上げて、最後は試食。

e0349627_23504995.jpg
ちなみに途中一時間休憩が入るのだけれど、
そのときは軽食としてパンが出ます。
あとガスパチョも。

e0349627_23505999.jpg
味の濃いパンでございました。(フランスの味なのかしら)


基本的にケーキ類は一人一台、焼き菓子も結構な量を持ち帰るので
毎週食べきれるのか心配ですが、、w

これから約1年間、たくさんのことを学びたいと思います。


↓たくさんの応援待ってます

[PR]
by luschcafe | 2015-06-26 20:00 | イル・プルー


音楽活動の傍ら、オーブンを回します。


by luschcafe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

ルシュカフェ op. 14
at 2018-09-23 17:42
旅と奇跡
at 2018-08-25 17:11
ポートレートモード
at 2018-06-26 14:01
Stay hungry
at 2018-06-14 20:28
和菓子の道 その4
at 2018-05-10 11:35

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧